金融機関からお金を借りる時は、とにかく低金利で借りたいと希望する人は、まずは目的別ローン商品を利用できないかどうか検討してみるのも一案です。目的別ローンとは、借りるお金の使い道が事前に決まっている時に利用できる可能性があるローン商品のことです。ちなみに通常のカードローンなどは多目的ローンと言って、借りるお金の使い道は原則として自由です。生活費の足しにしてもいいし、レジャー資金に使っても構わないのです。

たとえば、もしも借りるお金を住宅の購入のために使いたいという場合なら、住宅ローンを利用することが可能です。住宅ローンで借りるお金は住宅購入のためだけにしか使えませんが、通常のカードローンよりも融資限度額も大きく低金利ですので、非常にお得にお金を借りることが出来るのです。これと全く同じことは、自動車ローンにも言えます。また、目的別ローンには、住宅や自動車の他にも探せば色々な種類の商品があります。

それゆえに低金利でお金を借りるなら、利用が可能であるのなら、多目的ローンよりも目的別ローンのほうが断然有利なのは間違いありません。具体的な目的別ローンの種類に関しては、各金融機関に問い合わせてみたり、インターネットの検索などで簡単に調べることが出来ます。

ちなみに事業のために低金利でお金を借りるなら、日本政策金融公庫から事業資金を調達するのも非常に素晴らしい方法です。融資額は最大1500万円ですし、しかも保証人も担保も不要なのです。

キャッシングの申し込みをすると、「融資ができるか」と「いくらなら融資ができるのか」を調査するために審査が行われます。
大きく分けると3つの審査が行われています。
・返済能力を調査するために属性スコアリング
・勤務先を確認するための在籍確認
・信用力を調査するための個人信用情報機関への照会

個人信用情報機関という民間企業があります。
日本には現在統合などによって3社になっていますが、貸金業法によって決められた内閣総理大臣指定の信用情報機関にもなっています。

個人信用情報機関では個人の過去や現在の借り入れ状況、返済状況、契約情報などの詳細を一定期間保有しています。
審査では貸すことにリスクがないのかを確認するために照会されています。