申し込み者の信用情報は金融機関で共有される

サラ金などでキャッシングをする場合、まず審査の申し込みをすることになります。審査では本人の勤務状況や年齢、家族の有無など公私に関するいろいろな情報がチェックされます。こうした情報を「申し込み者属性」と言ったりしますが、金融機関はこれ以外にも別の重要な情報を審査対象にしています。それは「信用情報」です。もし申し込みをした人がこれまで信用取引をしてきているのであれば、一定の情報が「信用情報機関」とよばれる組織に共有されています。例えばクレジットカードやキャッシングの利用、契約の状況、ローンを組んでいるかどうか、また過去に延滞や強制解約、代位弁済、債務整理などがあったかなど、当人の信用に関連する多くの情報が管理されているのです。信用情報機関は「JICC」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」の3つがあって、金融機関はどれかに加盟しています。複数の期間に加盟している業者もあります。金融事故などいわゆるブラックに関する情報はこれら3つの期間でシェアされているので、サラ金業者などは自由に参照することができます。もし直近でブラックな記録をつくってしまったのなら借入れできるところはかなり限られてくると覚悟したほうがよいでしょう。一生記録が残るわけではないですが、5年とか10年残ることがあります。ですからもし他社からすでに借入れなどをしていて、別の業者から別口で借入れしたいのであれば、延滞などを決して起こさないに注意しましょう。ちなみに自分で自分の信用情報を参照することもできます。各信用情報機関に問い合わせれば、手数料などを払って確認できるので利用してみても良いでしょう。