水素水はアルミパウチの容器に入っているものやサーバーなどいろいろな種類があります。アルミパウチは一本の容量が決められており、たくさん飲みたくてもコストの事を考えて調整しながら飲む方もいるでしょう。サーバーの場合はいつでも量を気にせず飲めるので、もしかしたら飲みすぎなのでは?と気になる方もいるかもしれません。水素水の摂取量の適量はどのくらいなのでしょう?結論をはじめに言いますと、水素水は1日300~500mlが目安となっています。300~500mlなら大した量ではないんだなというのが印象だとおもいます。できたらこの量を一度に飲んでしまう方が効果的といわれています。一度に飲むことによって、よく言われる「遺伝子スイッチ」が始動されるようです。この遺伝子がスイッチが入った状態を作り出せれば、体が健康維持や美容効果を自然にアップさせる働きを活発にしてくれたり、悪玉活性酸素によって遺伝子が傷つく可能性を軽減することができるそうです。ですから小分けにして飲むより一度に飲んでしまう方が効果があるとされています。

病気への効果を見る臨床実験では一度に500mlを1日2回に分けて摂取されていたようです。合計1リットルです。このことから特に疾患への水素水の効果を感じるには一日500ml以上の方がより効果的なのかもしれません。実際に効果が出るかどうかは別としても、病気の時には体内に活性酸素が溜まりやすい状態にもなっています。ですから、健康維持や美容効果を意識して摂取するときよりも多めに飲むことは良い方法なのかもしれません。水素は副作用のないものとされています。悪玉活性酸素と反応しなかった不要な水素は、呼吸などを通して外へ排出されるので副作用の心配もありません。一日に摂取量は300ml~500mlで、遺伝子スイッチをオンにするために、一度に飲むように勧められているということを覚えておきましょう。